足首の痛みや膝痛などの足から来る症状で痛みを我慢している人は、その部分をどうやったら改善するかということを考え続けています。

けれどその痛みはあなた自身の間違った歩行、負荷のかかるような足運びから起きている事が多く見受けられます。

あなた自身、自分の歩行は間違っているんじゃないかと考えたことがあったでしょうか?

正しい鉛筆の持ち方や無駄のない泳ぎかたのように、当然足にも骨格の仕組みでは、自然で楽な当を得た歩行の仕方があります。

この事を生体構造力学(バイオメカニクス)と呼んでいます。

元々自己修復力があることで傷があっても自然に引いていくのに、持病にまでなってしまう根底には、こういう風に勘違いした動きという生活スタイルでの困難があるのです。

格別足の影響はからだ全体に及んでいるので足だけてはないのです。

以下は正しくない歩行で起こりうる症状です。

見て頂きましたようにO脚や太ももが太い等の見た目にも関係してくるなどその影響は大きなものです。

ところが「歩行が変なのかもしれない」と思っても実際歩行を正しく修正してくれる機関などめったに出会うことがありません。

あったとしても都心でモデルのような一般的でない歩行の仕方があるくらいでしょうか。

足にまつわる困難を解決していくのに、理論的根拠がある歩行の為の治療所が必要不可欠なのです。

当サロンでは「ゆるかかと歩き(ネィティブウオーキング)」の指導をしております。

それは「屈曲歩行」と「ニ軸歩行」を組み合わせた骨格のしくみでは理想的な歩行の仕方なのです。

ネイティブウオーキング協会代表の中島が、足にまつわる困難を解決していく研究の中で、アメリカ「足病医学」と出会ったことで、そこにある原理を根拠として歩行の為の指導方法を発展させました。

現実に足にまつわる困難を抱える方の助力を得て実地作業を繰り返し、セオリーでも当を得た上に治療業績は確固たるものです。





さらに今まで 間違っていたとはいえ長く使ってきた歩行方法を正しいものにするのは手軽に出来ることではありませんが、それを教えるやり方にも特有の方法が打ち立てられました。

当然ながらご本人が頑張らないといけないのですが、結果としてご高齢の80歳以上の方とか、杖が必要だった方でも身につけることが出来るものです(実績があります)

足にまつわる困難を抱える人ほど、今までの歩行の仕方とはまるで違った歩行の仕方だと実感されることでしょう。

けれども大多数の人が最初に「ゆるかかと歩き」を経験された時に、合理的な歩行を通して「インパクトの強い足の軽さ」に驚かれます。

何よりもまず一度経験されますようお勧め致します。